コラム:気になる電動歯間ブラシ|品川区 戸越銀座商店街にある 中沢歯科医院です

マウスピースセンター 中沢歯科に電話
併設:マウスピース矯正センター 併設:マウスピース矯正センター


気になる電動歯間ブラシ

電動歯間ブラシ先月あたりから、この電動歯間ブラシがよく雑誌に載っているのを見かけ、すごく気になっていました。

フロスを使うのは面倒、だったらこの電動を使えばいいのではないかと思い、先生に相談してみたところ・・・

「すでにたくさんの人が、爪楊枝を使うことがあまり歯や歯肉にとって良くないことは知っていると思います。しかし歯間ブラシやデンタルフロスでさえも使い方や目的を間違えると、歯肉を痛めたり、歯と歯の間に隙間を作ってしまうことがあるんです。歯間ブラシにもサイズがあるって知っていました?」
との回答が返ってきました。

 

先生のお話だと、歯間ブラシを使うとき、たいていの方は自分のサイズより大きめを選んでしまい、その結果使い続けると徐々に隙間が大きくなってしまい、歯肉が減ってしまって元に戻らなくなるといったケースもあるそうです。

 

そうすると、知覚過敏やそこに余計汚れがたまって歯周病などをより引き起こしやすくなりますよね。

デンタルフロスもあくまで歯ブラシが届かないところの粘度の高いプラーク(歯垢)を除去することが目的なので、何度も出し入れしたり、勢いよく歯と歯の間に挿入すると、歯と歯肉をつないでいる大事な線維組織を断絶してしまう恐れもあるんだそうです

 

何でも便利になっている世の中ですが、やはりお肌と一緒で、丁寧に気をつけながら自分で行うことも大切なんだと実感しました。そしてプロである歯科医師に相談し、正しい使い方をマスターしたいものですね。

 

いかがでしたか?

 

デンタルフロスや歯間ブラシがただの歯の掃除道具ではなく、虫歯などをチェックできるものだということを
初めて知りました。とにかく習慣付けられるように、今日から早速はじめてみたいと思います! 

WEB予約

このページのトップへ