コラム:口臭について|品川区 戸越銀座商店街|中沢歯科医院

マウスピースセンター 中沢歯科に電話
併設:マウスピース矯正センター 併設:マウスピース矯正センター


あなたの口臭は大丈夫ですか?PART1

近々、口臭測定機能の付いた携帯電話が発売されるそうです!

今、本当に携帯は進化していますよね☆TVも見ることが出来ますし、女性では基礎体温の管理をしてくれるものまであるそうです。

どうしてそのような携帯が発売されるのか?答えはひとつ。みなさんの口臭に対する意識がここ最近高まっているからです。

実のところ、当院にも年々「口臭が気になる」という方が、老若男女問わず増えているのです。

そこで今回は2回に分けて、口臭のなぞに迫り、その対処法を解説していきたいと思います0(^。^)0

 

まずは口臭の原因から見ていきましょう!

  1. 飲食物など外来性の原因
  2. 口腔内環境の劣化による細菌性のもの
  3. 内臓疾患などに起因するもの
  4. 精神的な要因による「自臭症」によるもの

1番は分かりやすいですよね☆ にんにくとか食べてしまった時のもの。

3番も、よく胃が悪かったりすると「口がにおう」と言いますよね。あとは前にもコラムで書いた舌苔の増加も口臭の原因なんです。

4番は、口臭が存在しないのに「自分だけにおいが気になる」というもの。精神的ストレスや、自分でも分からない不安に悩まされなぜか口臭を訴える方もいらっしゃるそうです。そういう方は歯磨きとかをしすぎたりする傾向にあるのでチェックが必要です。

 

さて気になるのは2番ですね!

実はお口の中には、常に一定の細菌が常在していているそうですが、汚れの蓄積や口腔乾燥により「口臭原因菌(嫌気性細菌)」が増えて、臭い物質を精製し始めてしまうからなんだそうです!

そんな菌がいるなんて、先生にお聞きするまで正直知りませんでした(>。<)いったい口の中のどの辺にいるんでしょうね???

それでは次回のコラムにて、その対処法をお教えしちゃいますね♪乞うご期待(^。^)/

あなたの口臭は大丈夫ですか?PART2

前回、お口の中には常に一定の細菌が常在していて、汚れの蓄積や口腔乾燥により「口臭原因菌(嫌気性細菌)」が増えて、臭い物質を精製し始めてしまう=口臭の原因(のひとつ)ということがわかりましたよね☆

 

そこで今回はなぜそれが起こるのか、又どうしたら良いのかについてお話します(^^)

 

<原因>

「口臭原因菌」は多くの場合、新鮮な酸素を嫌い乾燥を好みます。そのため、歯周ポケットが深い方や口呼吸(特に睡眠時)の方、タバコを吸う方などは、お口の中の環境が「口臭原因菌」発生の好条件になってしまうわけです。

また、深い虫歯や古いかぶせ物の不適合(すき間が開いていたり、欠けていたり)が存在すると、風通しが悪く菌は喜んで住み着いてしまうため結局は菌の増加につながり、口臭を起こしてしまうのです。(これは歯周病の原因菌にも同じことが言えます!)

<予防法>
  • ブラッシング時に歯の表面だけではなく、歯肉や歯と歯肉の間の境界部分を毛先で「シャカシャカ」磨く (汚れをかき出す感じですね)
  • 朝起きたら、なるべくすぐにお水などでうがいやブラッシングなどを行う
    飲食の有無にかかわらず、唾液など、お口の中が粘液質(ネバネバしたら)になったらブラッシングをする
  • 虫歯や穴の開いた古い金属などはきちんと直しておく

 

いかがですか?やはり意外と当たり前のことですが、つい忘れがちになってしまうことばかりですよね。

日頃のこうしたケアで口臭が治らない場合は、やはりまず専門医である歯科に行ってみるということをお勧めします。

もしお口の中の異常でない場合でも、歯科医の先生が疑われる疾患の専門医に紹介状を書いてくれます(当院ではそうしています)。 たかが口臭と侮らずに、しっかりと健康管理をしてみてください(^。^)

自分の舌を、よく見たことがありますか?

みなさん、これを読んだら早速、自分の舌を鏡でよーく見てみてください。

舌にいっぱい白いのや黄色いものが付いていたり、赤くぷつぷつしていたり、いかにも健康じゃないなという舌をしていませんか?

舌はいろいろな病気や体の不調が分かる場所でもありますが、今日は舌のこけ「舌苔(ゼッタイ)」のお話です。

この舌苔は、実は口臭の原因ともされているんです。また最近騒がれている「味覚障害」の原因にもなってしまうそうです。

意外と皆さんは歯のきれいさにはとても興味があって、気をつけている方はとても多いのですが、舌のお掃除をしていないという方が多いのも現状です。

 

ところで、歯医者さんでその「舌のお掃除」が出来るって御存知でしたか?

もちろん、自分で舌磨き用のブラシで磨くのが毎日出来ていいですが、実は自分でやるとブラシとしたが一緒に動いてしまってそんなに汚れが落ちないそうです。そんな時は迷わず歯科で「舌のお掃除」をしてもらいましょう。

そしてあとは毎日歯磨きするように、舌のお掃除も日課に加えてみてください。

口臭は自分では分かりにくいもの。歯槽膿漏や歯周病が原因のときもあれば、当然「舌苔」が原因のときもあります。

 

とにかくお口の中の健康を保つため、消去法でひとつづつ確実に治していって、食欲の秋、おいしいものをおいしく食べて下さい!

WEB予約

このページのトップへ